読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランスの幼稚園に通いながら日本語教育

フランス在住のミミズ3歳が、現地の幼稚園に通いながら、いかに日本語を学んでいくのかをつづります。フランス語が大嫌いな日本人ママの奮闘もあり!

2016年4月1日、とりあえず市役所に行ってみた

2016年3月末に配布された市の広報誌に、「学校の申し込み」についての記事がありました。幼稚園Ecole Maternelleについては、該当する日に園長先生に以下の書類を提出することとあります。

1 仮申請の証明書(家族証明を持って市役所にて行う)

2 健康手帳

3 家族証明

4 ほかの学校に通っていた幼児にについてはレントゲン証明

 

f:id:mimizu55:20160629004232j:plain

 

というわけで、とりあえず市役所に行ってみました。

 

いろいろ聞かれたことを答え、それを窓口のスタッフが記入していきました。氏名、住所、仕事の有無、健康状態、トイレはできるかどうか、給食を食べるかどうか、幼稚園バスを使うかどうか……。いちおう「いまのところ、娘の母語は日本語で、フランス語の理解が少し悪いと思う」ということを伝えました。

 

およそ20分ほどの面接の末、無事、仮申請が終わりました。証明書もしっかり受け取り、あとは本申請を待つのみ。