読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランスの幼稚園に通いながら日本語教育

フランス在住のミミズ3歳が、現地の幼稚園に通いながら、いかに日本語を学んでいくのかをつづります。フランス語が大嫌いな日本人ママの奮闘もあり!

秋のバカンス10日目

今朝の課題は、

カタカナかるた(ムササビは、きからきへと、とびうつる/メダルをもらった、うれしいな)
(ちびむすドリルより)

長音9
いきものの名前9
(ぷりんときっずより)

カタカナの読み(1枚)
数字と名前を書く練習

動作のことば

今朝は8時に起きました。お着替えして居間へ下りて行きお勉強。いつものように上手に読み、字の練習もやりました。ミツバチマーヤのワークブックは今日で終わりました。明日からアンパンマンワークか、ミツバチマーヤの年中さんのワークブックか、どうしようかな。

f:id:mimizu55:20161030052402j:plain

9時になり、ミミズと散歩に出ました。今日はお友だちはお留守番。そのため、散歩の途中でふてくされ、言い合いになってしまいました。でも、最後は仲直りして、楽しく帰ってきました。

10時ごろからおばあちゃまとスカイプ。ミミズはその間、お友だちとアンパンマンを見ていました。おかげでいろいろゆっくりと話すことができました。ミミズが爪をかむのはママに原因があるかもしれないと指摘され、いろいろ反省しました。

それにしても、最近、ママのことをぶったり、大声を張り上げたり、これまでにない行動を取ることがあります。とくにパパに対して、怒られると必ず"Non"と言います。「謝りなさい」と言われても謝らず、立たされて大泣きします。パパに対する態度は、何で怒られているのかよくわからないこともあるため、納得いかないことに対して怒られることには屈しないという態度です。これは理解できます。でも、アタシに対しては、ストレスを発散したり、イライラをぶつけたりしてきます。どうしてかわかりませんが、ほかに当たる場所がないからだと、おばあちゃまに言われました。しっかりと受け止めてあげないといけないなぁと反省しました。

f:id:mimizu55:20161030052407j:plain

f:id:mimizu55:20161030052410j:plain

さて、今日はお友だちのパパが来たので、みんなでお昼ご飯を食べました。それからしばらくして、お友だちは家族でお出かけ、ミミズはいっしょに行きたかったんだけど、仕方ありません。白鳥の公園に行く車の中でふてくされながら眠ってしまいました。目が覚めても「どこに行ったのかなぁ?」「ちょっと探しに行ってみようよ」と言っていましたが、サッカーをやったり楽しく遊びました。少し早めに家に戻ったものの、3分おきに「まだかなぁ」と繰り返していました。ようやく帰ってくると大喜びで遊びはじめました。

遅めの夜ご飯を食べました。わざといすから落ちそうな格好をして食べていたのでパパから叱られると、またもやすねてパパに叱られました。買ってきてもらったケーキをいただく前、「パパにちゃんとあやまったらケーキをあげるよ」と言われ、ミミズはパパにチュをしました。自らの信念より、目の前のケーキの方がよかったみたい。そして、ミミズはママの分まで食べました。

お風呂ではお友だちと三人で楽しく遊びました。ふたりとも家中で遊び回っていたため、けっこう疲れていたみたいで、おとなしく湯に浸かりました。でも、ふたりともなかなか出ようとせず、最後は半泣き状態でした。

お風呂から上がり、歯を磨いて、みんなにおやすみのあいさつをすると、二階へ上がって久しぶりに『かさじぞう』を読みました。読み終わると、明かりを消し、おなかと背中のマッサージをしているうちに、いつの間にか眠っていました。

明日の朝、お友だちは帰っていきます。しばらくの間、会うことはありません。クリスマスから年始にかけて、3人目の子が生まれる予定です。次はいつ会えるのかな。