読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランスの幼稚園に通いながら日本語教育

フランス在住のミミズ3歳が、現地の幼稚園に通いながら、いかに日本語を学んでいくのかをつづります。フランス語が大嫌いな日本人ママの奮闘もあり!

秋のバカンス14日目

今朝の課題は、

カタカナかるた(ルビーはほうせき、あかいいし/レインコート、あめがふってもぬれないよ)
(ちびむすドリルより)

拗音1
いきものの名前13
(ぷりんときっずより)

カタカナの読み(1枚)
数字と名前を書く練習
動作のことば

アンパンマンワーク
ミツバチマーヤのワークブック

今朝も7時ごろに目を覚ましました。明日からの幼稚園はダイジョウブそう。戸を開けるととても寒く、「今日はお散歩しない」と言いました。ま、明日からまたウォーキングできるからいいかな。朝ご飯を食べながらお勉強。いつものように字を読み、アンパンマンワークとミツバチマーヤのワークブックをやりました。

畳の部屋でしばらく遊び、おばあちゃまとスカイプ。おばあちゃまが、ミミズの爪かみを心配してくれて、いろいろアドバイスをしてくれました。爪が生えていなくても爪を切るふりしてあげたら?と言うので、今度からそうやってみようかな。爪をかむのが本当にストレスなのかどうかはわかりませんが、何かの表現であるというおばあちゃまの意見を尊重し、いろいろ考えてみようと思います。

たしかに、パパが神経系の病気のため、何てことはないことに怒ったり、しゃべりながら怒りはじめたり、自分でコントロールできないことがよくあります。そういうとき、ミミズは必ず「ママ、パパ嫌い?」と聞いてくるので、そういうときは「好きだよ」と答えますが、それが心配なのかも。アタシが怒ると、「ママ、外に行かないでね」と言ったり。ママがいなくなってしまうのではないかと不安なのかしら。

 

パパの病気のことは仕方のないこととして、年齢を重ねてきて、これまでとはちがうことで叱ることが増えてきました。たとえばいつものようにイスの上に乗ったらイスが壊れちゃったり、ママの背中に抱きつこうとしたら、何かの拍子に陶器を落として割ってしまったり。仕方のないことだけど、注意すると、逆ギレして叫んでみたりします。「そんな大声は出さないの」と言うと、今度はぶったり。最近、よくママのことをぶつので、お友だちをぶったらどうしよう…と心配になります。たぶんそういうことはないと思うんだけど。

明日からまた幼稚園がはじまるので、社会生活が再スタートすれば、また少し変わってくるのかもしれません。それにしてもこの2週間は大変だった……。こんなに大変だったのかと驚くほど、何にもできませんでした。明日から幼稚園ということを何となく感じているのか、今日は一日中、とてもいい子でした。

さて、おばあちゃまとのスカイプが終わり、しばらくすると食事の支度です。お昼ご飯のころにパパが起き出しました。すごく調子が悪いと言っていました。ミミズは相変わらずママにぺったり引っ付きながらお昼ご飯を食べ、映画モンスターズインクを見ていました。おばあちゃまが録画してくれたものです。パパがお仕事に出た後も、ジーッと見ていました。

「今日でバカンスが終わるから、ミミズの好きなことをやろうよ」と言うと、「だれもいない公園でボール遊びする」と言いました。それではと予定を組み、スーパーでコピーを取り、クリスマス用のミミズの写真を撮って、公園へ行こうと決定。で、車に乗り込みました。すると、ミミズはぐっすりと寝入ってしまいました。今日は散歩に出なかったから、疲れていないと思っていたのに。仕方なく、予定を少し変更し、パッとコピーだけ取ってから公園へ行きました。30分ぐらい眠ったかな。で、起こしました。

寝ぼけていたけれど、ボールを持って走り出しました。で、先に遊んでいた小学生ぐらいのお兄ちゃんと遊びたそうに、すべり台で遊びはじめました。ところが、そのお兄ちゃん、しばらくすると帰ってしまいました。残念。仕方なく、いつものようにママと遊びました。「よーし負けないぞ!」と叫ぶと、思い切りボールを蹴り上げました。しばらく走っていると、「もう疲れた」と言ってベンチで横になりました。「じゃあもう帰る?」と聞くと、「まだまだ遊ぶの」と言って、何もない中を飛んで遊びました。

家に戻ると、今度は映画ゴーストバスターズを見ました。これもおばあちゃまが録画してくれたものです。おばけが出てくると、机の下に隠れたり、ママに引っ付いたりして怖がりましたが、楽しそうに見ていました。そして、おばけをやっつける絵を描きました。ホント、おもしろい。

お風呂に入ると、ママの髪の毛を触りながら「ママを守ってあげるからね……」と言ったり、髪の毛を引っ張って「こうしたらかわいいよ」と言ったり。何だかママとべったりして離れませんでした。おもしろい。幼稚園がはじまる喜びと同時に、ママと離れる淋しさを感じているのかしら。そんな感じでした。

今日は本当に穏やかな一日でした。「もう爪はかまないから!」とか「もう髪の毛はなめないから!」などと言って得意げな顔をして、「お姉ちゃんみたいだねぇ」と言われると喜んだり。明日はどんな顔をして幼稚園に行くんだろう。先生に叱られないといいなぁ。楽しい一日になりますように!