読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランスの幼稚園に通いながら日本語教育

フランス在住のミミズ3歳が、現地の幼稚園に通いながら、いかに日本語を学んでいくのかをつづります。フランス語が大嫌いな日本人ママの奮闘もあり!

普通のおじさんのお家に行ったのよ

今朝の課題は、

長音2
数字をますめで書く
(ぷりんときっずより)

カタカナの読み(1枚)
動作のことば

ももたろう

たかいひくい
(ちびむすドリルより)

今日はママが着替えていると目を覚まし、そのまま起きました。で、朝ご飯を食べながらお勉強です。朝ご飯をパッと食べるときは、その後でスムーズにお勉強できますが、だらだらと食べるときもあるので、勉強の進み具合が日によってちがいます。今日はちょっとプリントをやっては食べてという感じでした。

昨日、大きなますめに字を書く練習をしたので、今日は数字を書く練習をしました。でも、やっぱり難しかったみたい。どうしてもますめからはみ出してしまいます。でも、ますめの縁を押さえて、この小さな四角の中に書く練習をしました。少しずつです。その他のプリントはどれもしっかりできました。

幼稚園の支度をしながら、昨日のことを先生に叱られるなぁとちょっと憂鬱でした。で、幼稚園に着くと、やっぱり言われました。「遅れるときは一報してください」。そのとおりだ。でも、昨日はとにかくパニック状態で、慌てて家を出たのです。次からはそうしようと思いましたが、本当に本当に驚いたのです。

今日はいろんな用事があって、ミミズを迎えに行くまで、あちこちと走り回っていました。で、16時、今日は放課後にアクティビティがありました。幼稚園に着くと、ノーランのママを発見。だいぶ仲よしになりました。彼女はパリジェンヌなのだそうです。夫の実家が隣町なんだって。もしかしたら気が合うかも。

家に着くと、今度はパパとお出かけ。ママはお留守番です。パパの友だちに会いにいきました。19時半ごろに帰ってきましたが、パパの話だといい子だと思ったらソファでピョンピョン飛び跳ねたりしていたそうです。家に着くと、「ママ! 普通のおじさんのお家に行ったのよ。プレゼントもらったの〜」と言って、袋を見せてくれました。どんぐりがいっぱい入っていました。それにしても、「普通のおじさん」っておもしろいなぁ。

夜ご飯を食べ、お風呂に入りました。何だか眠たそうでした。しょうがない、食事を食べ終えたのが20時半ごろでした。21時半ごろにはお風呂から上がり、二階で『お化けの冬ごもり』を読んで、お布団に入ったのが22時でした。アタシもぐったりしていたので、ミミズと朝まで眠ってしまいました。寝すぎた……。