読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランスの幼稚園に通いながら日本語教育

フランス在住のミミズ3歳が、現地の幼稚園に通いながら、いかに日本語を学んでいくのかをつづります。フランス語が大嫌いな日本人ママの奮闘もあり!

フランス人の子どもにとってもフランス語はむずかしいんだ!

今朝の課題は、

拗音3
(ぷりんときっずより)

カタカナかるたの読み
(ちびむすドリルより)

カタカナの読み(1枚)
動作のことば

はんたいのことば

ミミズの一週間

「き」と「く」を書く

明け方4時ごろ、ミミズは目を覚ましてしまいました。しばらく起きていたようで、朝、いつもの時間になってもなかなか起きられませんでした。でも、何とか起きて、お着替えし、居間へ下りました。

今日のお勉強もいつもどおり、上手に読みました。ミミズの一週間も楽しく読み、「き」と「く」も上手に書きました。で、いつもよりも少し早かったけれど、支度をして幼稚園へ。

幼稚園に着くと、まだあんまり子どもたちが来ていませんでした。しばらくすると、ノーランが来て、ミミズはノーランと遊びはじめました。ノーランのママも、ノーランに「お昼寝の時間はほかの子たちの邪魔はしないでね」とか「先生の話をちゃんと聞くのよ」など、アタシと同じようなことを言っています。アシスタントのベロニックが、「まったくふたりには焼けるわ。いつも手をつないで仲よしなのよ」と言っていました。このふたり、体力もエネルギーもいっしょみたい。ノーランのママに、昨日、先生に言われたことを話すと、「ミミズの場合、ほかの子よりももっと多くのことを吸収しているはずよ」とか「あの先生はちょっと要求し過ぎよね」などと言っていました。やっぱりみんな、同じことを思っていたのね。

15時すぎ、ミミズを迎えに行くと、ノーランとふたり、嬉しそうに出てきました。で、いつものように、ふたりは手をつないで駐車場まで行き、そこで別れるのですが、ミミズが習った歌を歌いはじめると、なんとノーランはほとんど歌えませんでした。ミミズの方がよっぽど上手に歌っています。やっぱりミミズ、すごいよ。やっぱりフランス人の子どもにとっても、フランス語ってむずかしいんだよ。何だかホッとしてしまいました。

 

f:id:mimizu55:20161123063942j:plain

家に戻ると、「おなかが空いた」と言って、自らお菓子を用意しました。ちゃんと2種類のクッキーを1枚ずつ出して、片付けました。「ママ見て」と、ちゃんとやったことを見せびらかしました。それから、クリスマスプレゼントの制作、はさみの練習をしました。先日、幼稚園の先生から、ミミズははさみの使い方を知らないと言われたからです。少しぎこちなかったけれど、上手にできました。まったくあの先生!

それから「モンスターズインク見る」と言ったのでいっしょに見ながら、カーズの本(同じ絵を探す)で遊びました。で、食事の支度、夜ご飯を食べ、お風呂に入りました。今日もお風呂は楽しかったです。首、おなか、足と、上手に体を洗い、湯に浸かると「あったかくて気持ちい〜い」と嬉しそう。いろいろ遊び、ママに湯をかけ、抱き合い、まったく楽しいひとときです。

お風呂から上がり、お布団に入り、またいつものように『お化けの冬ごもり』を読みました。すると、突然、ママといっしょに最後まで読んだのです。これだけ読んでいたら、さすがに覚えるだろうと思いますが、それにしても急に暗記していたことを披露したので驚きました。で、今日の最後の嬉しいひと言は、「ママ、明日は石けんのお風呂する?」「うん」「じゃあ、ママ、石けんいっぱい作ってね、ミミズがこうやってマッサージしてあげるよ」でした。何てかわいいやつなんだ!