読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランスの幼稚園に通いながら日本語教育

フランス在住のミミズ3歳が、現地の幼稚園に通いながら、いかに日本語を学んでいくのかをつづります。フランス語が大嫌いな日本人ママの奮闘もあり!

咳き込んで大変でした

今朝の課題は、

拗音3
(ぷりんときっずより)

カタカナの読み(1枚)

動作のことば

はんたいのことば+はんたいごカード

擬声語(あそびどうぐの音)

かたちの名前

「お」と「か」を書く

アンパンマンワーク

今朝、何時ごろだったのかは定かではありませんが、ミミズが咳き込みました。しばらく咳をしていましたが、ようやく落ちついたのでまた眠り、気づくと10時ごろまで横になっていました。急いで着替えると、朝ご飯を食べながらお勉強です。

スッと出てこないカタカナの文字がいくつかあります。毎日、少しずつ読んでいますが、やっぱりむずかしいよなと思います。いまはまだいいけれど、そのうちフランスで字を習いはじめたら、もっと混乱するだろうし、「日本語はもういい」と言うかもしれません。いましかないと、毎日コツコツやるのみです。書く練習では、ずいぶんと字を上手に書くようになりました。「こうやって書くのよ」と、筆順も正しくできます。数字では「9」が上手に書けるようになりました。丸い部分をどこから書きはじめるのか、8、9、0それぞれ異なるので、それがむずかしかったみたいです。

 

f:id:mimizu55:20170103063032j:plain

f:id:mimizu55:20170103063036j:plain

それから少ししてお昼ご飯の時間となり、みんなで食事をしました。そして、しばらく休むと、パパの友だちの家へ行きました。あまり気が乗りませんでしたが、とてもいい人たちだったので、楽しい時間を過ごしました。ミミズは、お菓子をいただくと、持ってきたぬりえで遊びはじめました。小1時間ほどお邪魔し、次はパパの叔父さん宅へ行きました。

 

f:id:mimizu55:20170103063044j:plain

まずおばあちゃん宅、そしておばあちゃんの妹宅へ寄り、ふたりを連れて行きました。ミミズはクリスマスプレゼントを見つけると、「これ、ミミズのプレゼントじゃない?」と慣れた様子。「ちがうかもしれないから待って」と止めましたが、プレゼントをもらい慣れるのはよくないことです。でも、叔父さんたちも大きなプレゼントをくれました。またもやおもちゃのレジです。これはパピー宅へ持っていこうと思います。

18時ごろまでお邪魔すると、家に帰りました。ミミズは車中、かなり咳し、またもや咳き込みました。急いで夜ご飯の準備をし、さっと食べるとすぐにお風呂に入りました。お風呂に入ると、咳が止まりました。やっぱりお風呂はすごい。ミミズにはお風呂がいいみたいです。しばらく遊ぶとだんだん元気が出てきました。

お風呂から上がり、寝支度をすると、また『おおきなおおきなおいも』を読みました。お布団に入ってもかなり咳き込み、しばらく眠れませんでしたが、1時間ほどするとママにギュッと抱きつきながら眠りました。

明日から幼稚園。アタシも早起きをしなければなりません。ダイジョウブかなぁ…。