読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランスの幼稚園に通いながら日本語教育

フランス在住のミミズ3歳が、現地の幼稚園に通いながら、いかに日本語を学んでいくのかをつづります。フランス語が大嫌いな日本人ママの奮闘もあり!

せっかくだから…しかも…

今朝の課題は、

促音1
(ぷりんときっずより)

カタカナの読み(1枚)

動作のことば

はんたいごカード

擬声語

時計の読み方3
(ぷりんときっずより)

くらべるもんだい しゅるい9

「ろ」と「わ」を書く

今朝はなかなか起きませんでした。7時半、ミミズを起こしにいくと、さほど機嫌は悪くはなかったものの、「幼稚園に行きたくない」と言いました。理由は、「先生が恐いから」だって。困ったなぁ…。そんなこと、言えないよ。どうしたらいいんだろう。

朝ご飯を食べながらも、ずっと「ママといっしょにいたい」と言い続けました。お勉強はいつものように楽しくやりました。時計もほぼひとりで読めます。字も上手に書きました。でも、「幼稚園に行かないって先生に言ってよ」と言います。「どうしてもイヤになったら、ヴェロニックにおうちに帰りたいって話しな」と言いました。

幼稚園に着くと、ノーランが髪の毛を短くしていました。ミミズが「髪の毛切ったの?」と日本語で言いました。やっぱり言葉の問題なのかもしれません。もう少ししたら、ミミズはあっという間にフランス語をペラペラ使い、日本語なんて忘れちゃうだろうから、いまがちょうど正念場なんだと思います。かわいそう。心が痛いです。

今日は16時にお迎えでした。ときどき放課後に数人の子どもたちと遊んだり勉強をしたりするのです。ミミズは何だかとても楽しそうでした。朝は幼稚園がイヤだったけれど、お友だちと遊んですっかり忘れてしまったのかな? 

家に戻ると、おやつを食べ、出かける予定でしたが、やっぱり疲れたみたいで、テレビを見ながらのんびりと過ごしました。昨日同様、ドラえもんの映画を見て、「スーパードリンク!」とひとりで戦っていました。夜ご飯を食べ、早めにお風呂に入りましたが、そのときも「スーパードリンク」ごっこで遊びました。何をするというわけではないのですが、「スーパードリンク!」と叫びながら攻撃しあうのです。「幼稚園でお友だちともこうやって遊ぶの?」と聞くと、「やらないよ!」と元気よく答えました。こういうくだらない遊びは、ママとやるのが楽しいというわけでしょうか。

今日はめずらしくタオルふきちゃんもいっしょにお風呂に入りました。タオルふきちゃんと散歩に行ったり、プールに行ったりと、ひとりでいわゆる「ごっこ遊び」もやっていましたが、基本的にはすぐに退屈して「ママ、遊ぼうよ!」となります。それにしても、ミミズは本当に日本語が上手で、ありがたいことにフランス語とごちゃごちゃにはまったくなっていません。「せっかくだから…」とか「しかも…」なんて言ったりもします。しかも正しい使い方で!

お風呂から上がると、居間で3冊読みました。「久しぶりに『せつぶんワイワイ せつぶんの日』を読もうよ」と言いました。今朝、豆乳(我が家では牛乳と呼んでしまっています)を飲みたくて「牛乳くーださい!」と叫んだことから、そのフレーズが書かれている『はじめてのおつかい』も選びました。そしてめばえも1冊読みました。

本を読みながら、何だか咳き込み、二階に上がるとひどい咳が出ました。眠れるのかなぁと心配でしたが、しばらくすると、スーッと眠りました。今日もとても楽しい一日でした。

明日も楽しい一日になりますように!