読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランスの幼稚園に通いながら日本語教育

フランス在住のミミズ3歳が、現地の幼稚園に通いながら、いかに日本語を学んでいくのかをつづります。フランス語が大嫌いな日本人ママの奮闘もあり!

ギャルトーク

今朝の課題は、

長音6
(ぷりんときっずより)

どうぶつ図鑑(カタカナの読み)

はんたいごカード

擬声語

時計の読み方4と5
(ぷりんときっずより)

「お」と「か」の練習

6時半ごろにアタシは目を覚ましましたが、まだ外は暗かったです。7時少し前に目覚ましが鳴り、朝ご飯の支度をしましたが、ミミズは起きる気配なし。支度を終えて二階に上がり、ミミズを起こしに行きました。眠たそうだったけれど、機嫌がよかったです。パパが朝勤務でいなかったので、布団でゴロゴロ転がりながら起き上がりました。

最近、お勉強のペースがのろく、今日も魔法のつえ(のようなおもちゃ)で遊んで、なかなかプリントを読もうとしませんでした。勉強がイヤというわけではないんだけど、少しマンネリ化してきたのかなとも思います。少しちがうものを使おうかな。プリントを止めて本を読んだり。それでも最後までちゃんとやりました。

ところで、ミミズの本を読むペースが徐々に早くなっています。ひと文字ずつ追って読むというよりも、わかる単語のかたまりで読んでいるという感じです。

幼稚園に着くと、文字だけの名札を探し、いつものように本を読みました。ミミズがお気に入りの本が何冊かあります。タイトルを書き留めて、図書館で借りようと思っています。今日も5冊ほど読み、別れました。今日は、ミミズを迎えに行きがてら、スーパーへ行く予定です。

さて、ミミズを迎えに行くと、大きな袋を持って出てきました。中にはナント成績表! 幼稚園なのにこんなのがあるなんて、ちょっと信じられません。いろいろ書いてありましたが、詳細はじっくりと調べてからにします。

で、予定どおりスーパーへ。ミミズ、専用のカートを引いて楽しそう。めずらしく午後のお買い物だったので人出が多かったです。おしゃべりしながらのお買い物では、いささか奇異な目で見られましたが、ま、関係ない。何と言っても、まったく周囲の目を気にしないのはミミズ本人です。あれも買おうこれも買おうと大忙し。

 

f:id:mimizu55:20170314070307j:plain

買い物が終わって家に戻ると、パパが外でお仕事をしていました。今日は天気がよく、外に出たくなる気分でした。ミミズもお仕事を開始。汚い泥を塀にぬるというその謎の仕事を存分にやりました。その間、ママはお買い物を片付けて食事の支度です。

18時には夜ご飯を食べました。おやつを食べなかったせいか、おなかが空いていました。NHKのおかあさんといっしょの録画をつけると、ジーッと見ていました。食事が終わると踊りはじめ、お風呂に入るまでのひととき思い切り遊びました。

お風呂では、いつものようにママが人形になりきっておしゃべり。「こんにちは、わたしは猫ちゃん、あなたはだあれ?」「わたしはミミズよ、よろしくね」みたいな感じです。ミミズはこの会話ごっこが大好き。よくやらされます。ミミズが好きなのは、鏡に映った自分の姿を見て、「あらまあかわいいうさぎさんね…やだ、わたしだったわ」と、ミッフィの人形で遊ぶこと。おしゃまなギャルトークを楽しみました。

お風呂から上がると、パパとバーバパパを読み、次にママと『お化けの真夏日』を読みました。明かりを消しても寝る気配が一向にありませんでしたが、ママがウトウトしはじめると、ミミズも静かに眠りました。

明日も楽しい一日になりますように★