読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランスの幼稚園に通いながら日本語教育

フランス在住のミミズ3歳が、現地の幼稚園に通いながら、いかに日本語を学んでいくのかをつづります。フランス語が大嫌いな日本人ママの奮闘もあり!

むかしむかしあるところに……

今朝の課題は、

カタカナの読み(ヒーターで、さむいへやを、あたためよう/フライパン、じゅうじゅうやける、おにくにやさい)
(ちびむすドリルより)

仲間集め(かたち1〜6)
(ぷりんときっずより)

カタカナの読み(2枚)
数字と名前を書く練習

アンパンマンカルタ(まけても、こりない、ばいきんまん/みるくぼうや、だいすき、あかちゃんまん/むしばを、ふせぐ、はみがきまん/めいけんチーズ、わわんわん)

今朝は7時前に目を覚ましました。そもそもパパが終夜眠れず、何度も居間に下りたり二階に上がったりしていたので、そのせいもあったと思います。朝ご飯をしっかりと食べながら、いつものようにお勉強です。

ひらがなカタカナの読みはだいたいできるようになりました。気分次第で読みのスピードにちがいがあるものの、単語のかたまりで読むようになりました。すばらしい。アンパンマンかるたが終わったら、本を読みはじめようと思っています。

今日は8の練習をしました。名前もなぞり書きは上手です。ママのまねをして説明してくれます。これはもうひたすら毎日練習を重ねるのみです。

 

f:id:mimizu55:20161004042615j:plain


今日は仲間集めの問題をやってみました。くらべる問題が少し難しくなってしまったからです。仲間集めの問題は同じ形を選ぶもので、○、△、□、五角形を選びます。はじめのうちは同じ大きさで同じ色ですが、だんだんと大きさが変わったり、色が変わったりします。今日は6枚ほどやってみました。

幼稚園に着くと、「ママ! ほら見て!」と、なかなかママを帰してくれません。「あっちにノーランがいるよ」と誘ってみると、向こうの方に行きましたが、まだ目でママを追っています。何だかかわいそうな気分でしたが、手を振って出ていきました。お迎えのとき、様子を聞いてみなくちゃ。

そういえば、ミミズが先日、幼稚園から持ってきたアクティビティの記録ノート3冊ですが、1冊目にはクラスメイトの顔写真と名前、2冊目には手を使ったアクティビティ(丸い円に沿ってシールを貼ったり、碁盤の目の周りにパズルを並べたり)、3冊目には習った歌の歌詞が書かれていました。ミミズが手をたたいて歌っていたのは"Mes Menottes"(わたしの手)という歌でした。

Mes Menottes
Mes menottes dansent, dansent, dansent
Mes menottes dansent légèrement.
Elles danset par-ci,
Elles dansent par-là,
Elles dansent en haut,
Et puis en bas.

わたしの手
わたしの手がおどるよ、おどるよ、おどるよ。
こっちでおどるよ、
あっちでおどるよ、
上でおどるよ、
下でおどるよ。

この歌は4番まであって、踊るよ(dansent)が、 たたくよ(frappent)、転がるよ( roulent)、眠るよ(dorment)となります。

それから、Mon petit lapin(わたしの小さいうさぎ)という歌もありました。これも手遊びの歌だと思います。動画で検索すると、子どもが手を使って歌っている様子が見られます。

J´ai un tout petit lapin,
(とっても小さなうさぎを飼っているよ)
Qui mange du pain,
(パンを食べるよ)
J´ai un tout petit lapin,
(とっても小さなうさぎを飼っているよ)
Qui mange du thym.
(タンを食べるよ)
Mais un lapin,
(でもうさぎは)
Ça fait des crottes
(うんちをしたよ)
Han !!
(うーん!)
Un jour,
(ある日)
Il a fait dans mes bottes,
(長靴の中でうんちをしたよ)
Maman dit que c´est un vilain,
(ママはお行儀悪いって言ったけど)
Moi je dis que cést mon copain.
(わたしの友だちだよって言ったんだ)

なんて歌だと思うけれど、手を耳に当ててうさぎのまねをしたりして歌うみたいです。

さて、ミミズを迎えに行きました。今日は何をやったのかなと聞いたんだけど、何にも答えず。ま、月曜日は疲れるのかな。家に戻ると、週末に作ったケーキを食べ、少し外で庭仕事をやり、ボールで遊び、家でのんびりしました。NHKのみいつけたのコーナーに、おてて絵本というものがあって、子どもたちが自作のお話を話すんだけど、そのまねをしてミミズもいろんなお話をしてくれました。ビデオに撮ったので、おばあちゃまに見せてあげようと思います。ミミズのお話には、たいていパパとママが出てきます。

しばらくして、『ノンタン ボールまてまてまて』を読みました。少し暗記していますので、ちょっとだけ字を読み、あとは記憶で読みました。やっぱり「ちょっと字が小さいから」読みにくいみたいです。

f:id:mimizu55:20161004042618j:plain


お風呂では、またまたおてて絵本をやってくれました。いろんな話をします。ミミズは絵本を読み慣れているため、本に書かれているような言葉づかいも上手です。「むかし、あるところに、ママがお風呂に入っていました」、「お風呂で遊んでいたら、お風呂に落っこちてしまいました」などなど。たまに意味不明のことも言いますが、とてもおもしろい。おばあちゃまに聞かせてあげたいです。

お風呂から上がり、鳥たちを家の中に入れたとき、すぐそばにハリネズミがいました。ミミズに見せたら、少し怖がっていましたが、パパがよく言っていたように、こんなに近くまでハリネズミが来ていたんだと思いました。

二階に上がり、『うらしまたろう』を開き読み。終わると「何だか眠たくなっちゃった」と言い、ママに引っつきながら眠りました。今日も楽しい一日でした。明日もいいことがあるといいなぁ。