読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランスの幼稚園に通いながら日本語教育

フランス在住のミミズ3歳が、現地の幼稚園に通いながら、いかに日本語を学んでいくのかをつづります。フランス語が大嫌いな日本人ママの奮闘もあり!

ミミズがいない……どうしよう!

お勉強のいろいろ ミミズの幼稚園

今朝の課題は、

長音1
いきものの名前20
「て」を書く練習
(ぷりんときっずより)

カタカナの読み(1枚)
動作のことば

ももたろう

ながいみじかい
(ちびむすドリルより)

今日はめずらしく二度寝してしまい、目を覚ましたら7時20分でした。急いで支度し、ミミズを起こして居間へ。8時15分前、朝ご飯を食べながらお勉強を開始しました。

こういうときに限って、ミミズはのんびりペース。今日はいろいろ無理かなと思っていたら、読む教材を終え、書く教材へ。今日、はじめてマスメに字を書いてみました。名前は書けるようになりましたが、大きさがバカでかい。小さく書けないのが理由のひとつでしたので、小さい字を書く練習にもなりました。はじめはマスメの中に書けなかったけれど、徐々に書けるようになりました。読めない字もありましたが、上出来だと思います。

教材サイトのちびむすドリルで、ようすの言葉の問題を見つけたのでやってみました。ながいとみじかいです。ながいほうに○をつけるというものでしたが、全部できました。ちゃんと理解していると思います。

さて、今日は水曜日、幼稚園は午前中のみ、スタートもいつもより遅いです。で、幼稚園に着くと、いつもよりたくさんの子がすでにいました。ここのところ、ずっとママから離れたがらないミミズでしたが、今日はスーッと遊びはじめました。「ママが迎えに来るの?」と聞いてきたので、「もちろんよ!」と答えたものの……。

実は今日、ちょっとしたアルバイトが入ったため、家に戻り、ウォーキング1時間の後、没頭していました。で、やっと終わった…と時計を見ると、もう12時! えっ! 今日は11時45分にお迎えだった! というわけで、どうしようどうしようと慌てふためきながら、車に乗り込み幼稚園に向かいました。幼稚園の駐車場にはだれもいません。どうしよう……。「ミミズ! どこー?」と叫びながら幼稚園の中に入り、見知らぬスタッフに聞いてみると、「あ、ミミズね」とすぐにわかってもらえました。ミミズはフランス生まれではない外人なので有名なのです。で、ぐるぐるといろんなところを歩きまわり、ようやく人が見えました。「あら? ミミズのママよ」と預かりスタッフがいて、そこに子どもが20人ほどいたのです。「ママ!」「ミミズ!」と抱き合ったのもつかの間、ミミズはまだ遊びたかったらしく、子どもたちの中に戻っていきます。「パニックだったのはお母さんだったわね」とスタッフに笑われました。というのも、その場所は、ミミズがかつて遊んだGalipetteで使っていた教室だったのです。だから、ミミズは幼稚園の後にGalipetteに来たと思い込んでいたみたい。とりあえず、ミミズを連れて幼稚園を出ました。

帰りにパン屋と肉屋に立ち寄り、家に戻ると12時半ごろでした。いそいで食事の支度をはじめ、おばあちゃまとスカイプをつなげました。で、支度をしながらおばあちゃまとおしゃべりをはじめました。今日もいろんな話に花が咲き、とても楽しいひとときでした。しばらくすると、パパが帰ってきましたが、すごく調子が悪く、スカイプで顔を合わせる気分ではありませんでした。

昨日、パパは霊気の人に気を送ってもらったんだけど、それが原因だったのか、それとも風邪のせいなのか、よくわからない状態です。調子を崩しているせいで、普段の痛みもひとしおなんだと思いますが、恐くて声もかけられませんでした。で、車のタイヤの空気が減っているから見てもらったら、何と釘が刺さっていたのです。で、「またお金がかかる……」と、さらに機嫌が悪くなりました。とりあえず、ミミズを連れて修理工場に持っていくと、15ユーロ。さほどかからずにホッとしました。

 

f:id:mimizu55:20161110060711j:plain

f:id:mimizu55:20161110060713j:plain

本当はミミズとプールへ行こうと思っていたんだけど、もう16時ごろだったので、プールは土曜日に変更。太陽が出ていたので、少し散歩に出ました。最近では、ミミズが走ると追いつくのがやっと。3歳半の赤ちゃんには負けられないとがんばっているアタシですが、普通の赤ちゃんではないミミズが相手だから大変です。

散歩から戻ると、パパが二階で横になっていました。ミミズはパパのパソコンでアンパンマンの動画を見たがり、二階へ。アタシはその間、家事のいろいろをやりました。ミミズがあんまりにも二階で静かだったので見に行くと、画面に釘付けでした。「目が悪くなるからダメよ!」と居間に連れてきて、ミミズといっしょに夕食の支度。たまごを割ったり、栗をむくのを手伝ったりしてくれました。

「ミミズ、ぽにょが見たい」と言うので、ジブリ映画をつけると、今度はテレビの真ん前でジーッと見入っていました。3回言っても離れようとしないのでテレビを消すと、うそ泣きをはじめ、大騒ぎ。でも、こうでもしないと言うことをきかないから仕方ない。結局、夜ご飯を食べながら、「ミミズがテレビを近くで見たら、ママがテレビを消しちゃうんだよねぇ」と言っていたので、ママの言わんとしたことは理解してくれたみたいです。

お風呂に入ると、今日もママやミミズがおならとなって外に出た話を繰り返しました。「新しい話を考えようよ」と言っても、いつもこれ。おならとか、くさいとか、そういう話が大好きな年ごろです。何かまたおもしろい話のアイディアを考えないと。まったりと1時間ほど湯に浸かり、歯を磨いて二階へ上がると、今日も『お化けの冬ごもり』を読みました。季節柄、これがいいみたい。雪のすべりだいで滑りたいらしく、見るたびに「今度ママといっしょにこれ作りたい」と言います。ここはなかなか雪が降らないので残念です。本が終わり、電気を消すと、しばらくふざけていました。今日も苦戦するかなと思いきや、さっきまでしゃべっていたはずが、もう寝息を立てていました。

すったもんだがあった一日でした。でも楽しかった。明日は幼稚園が16時までです。アタシはそれまでお友だちと会います。久しぶりなので楽しみです。