読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランスの幼稚園に通いながら日本語教育

フランス在住のミミズ3歳が、現地の幼稚園に通いながら、いかに日本語を学んでいくのかをつづります。フランス語が大嫌いな日本人ママの奮闘もあり!

マミーはフランス語じゃないとわからないでしょ?

 今朝の課題は、

拗音1
(ぷりんときっずより)

カタカナの読み(1枚)

動作のことば

はんたいごカード

擬声語

くらべるもんだい しゅるい5

「ら」と「り」を書く

今朝も7時ごろに起きました。まだ眠たくて、起こしても目が開けられず、しばらく寝かせようかと思いましたが、アタシが居間に下りて行こうとしたら、飛び起きました。で、グルグルと回転しながら布団から出ました。忍者のようなすばやさでした。いやいやおもしろかった…。

着替えて居間に下りると、7時半ごろでした。朝ご飯を食べながら、まずははんたいごカード。「あさ」「よる」「おす」「ひく」などのカードを5組ずつ読んでいますが、少しずつわかるようになってきました。毎日の繰り返しがいかに重要か、本当に実感します。ちなみに、拗音(きゃ、ちょ、しゅなど)や促音(小さな「つ」)などもいつのまにか読めるようになりました。そろそろ文章を読みたいのですが、本を見ると「ママ読んで!」となるので、また新しいプリントでも作ろうかと思っています。

さて、今朝も車が凍っていました。フロントガラスの氷が半分ぐらいしか融けず、怖かったのですが出発。幼稚園に着くと、1週間ぶりにアシスタントのヴェロニックが来ていました。突き指をしてお休みしていたのです。ミミズは、"Ça va mieux ?"(よくなった?)と心配そうに聞いていました。すると、「ミミズは本当にやさしいわね。いつも心配してくれるわ」と言っていました。そういえば、ずっと休んでいるクリスティン先生のこともいつも心配しています。

いつものように大きなチュをすると、窓際へ走って行きました。そして、ママの姿が見えなくなるまで、延々と手を振っていました。ミミズを幼稚園に預けると、アタシはフランス語のクラスへ急ぎました。今日はパパが朝番なので、15時20分のミミズのお迎えはパパ。アタシは16時までみっちりフランス語の勉強をしました。

家に着いたのが16時20分ごろ。「ただいま〜」と家に入ると、だれもいません。「あれ? ミミズ? どこいったの?」と探すと、「ママ、わたしはここよ!」と出てきました。いつものように隠れていたのです。

で、すぐにパパの実家へ。昨日、失踪したオウムのエルフィを探すためです。ミミズは「パピーのおうちに行くの?」と大喜び。夜ご飯を食べると、アイスクリームのデザートを出してくれるため、「ご飯も食べるでしょ?」と何度も聞いていました。

パピー宅に着くと、ミミズをマミーに託して、アタシたちはエルフィを探しました。残念なことに見つかりませんでした。実は以前、我が家のピッピも失踪したことがあります。しかも購入したその日にです。2日間、ピッピは裏の雑木林にいました。あのときも冬でした。ところが、義父母の家の裏には大きな森があります。大きすぎるぐらいの森です。少し遠くまで探しましたが、見つかりませんでした。家の周囲も探しました。エルフィは8年もの間、暖房完備の鳥小屋に住んでいたため、さほど遠くまでは飛ぶことはできないのではないかと思ったからです。でも見つかりませんでした。今夜もすごく寒そうです。明日、見つからなかったら、たぶん、もうダメでしょう。かわいそうに…。

 

f:id:mimizu55:20170120075111j:plain

パピー宅に戻ると、パパは昨日、家事で実家が焼けてしまった親友のマヌと電話をしたり、SNSでエルフィの捜索を呼びかけたり、いろいろな対応をしました。一方でミミズは「ご飯食べるでしょ?」とウキウキ。結局、夜ご飯をいただき、アイスクリームもいただきました。よかったね、ミミズ。

ところで、ミミズが最近よく歌う歌で、幼稚園で習った新しい歌があります。ミミズは、「マミーに歌を歌うの。でも、フランス語じゃないとわからないでしょ? 幼稚園で習った歌を歌うのよ」と、何だかすごく立派なことを言いながら、マミーに披露しました。そうしたら、マミーが「この歌、知っているわ」といっしょに歌ってくれました。ネットで探したら歌詞を発見。ミミズが歌うのと少しだけちがうのですが、こんな歌です。子どもたちが歌うと、オオカミが返事をするのです。

Refrain (les enfants) :子どもたちが繰り返す


Prom'nons-nous dans les bois
(もりの中を散歩しよう)


Pendant que le loup y est pas
(オオカミがいない間に)


Si le loup y était
(もしオオカミがいたら)


Il nous mangerait
(食べられちゃうかもしれないよ)


Mais comme il n'y est pas
(でもオオカミがいないから)


Il nous mangera pas
(食べられないよ)


Loup, y es-tu ?
(オオカミさん、森にいるの?)


Que fais-tu ?
(何しているの?)


Entends-tu ?
(聞こえる?)

 



(le loup) Je mets ma chemise.
(オオカミ:シャツを着ているよ)

Refrain:繰り返し





(le loup) Je mets ma culotte.
(オオカミ:パンツを履いているよ)





Refrain:繰り返し





(le loup) Je mets mes bottes.
(オオカミ:ブーツを履いているよ)

 



Refrain:繰り返し

 



(le loup)
Je mets ma veste.
(上着を着ているよ)


 

Je mets mes chaussettes.
(靴下を履いているよ)


Je mets mes bottes.
(ブーツを履いているよ)


Je mets mon chapeau.
(帽子をかぶっているよ)


Je mets mes lunettes.
(眼鏡をかけているよ)


Je prends mon fusil, j'arrive !
(銃を持っているよ、みーつけた!)

この歌はみんなで輪になって踊りながら歌うみたいで、最後にオオカミに見つかると、「キャー!」と叫びながら逃げるのです。ミミズが歌う歌では、オオカミが「ズボンを履いているよ」と言います。それにしても、ミミズは歌をよく覚えてきます。実際のところ、彼女は歌の歌詞を理解していないみたいです。耳で聞いたことを覚えているのです。本当にすごいなぁと思います。

家に戻ると、20時を過ぎていました。急いでお風呂に入りましたが、結局、お布団に入ったのは22時近く。でも、やっぱりすぐに眠りました。明日は幼稚園で劇を見ます。ゆっくり休んでくれるといいなぁと思います。アタシももう寝よっと!