読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランスの幼稚園に通いながら日本語教育

フランス在住のミミズ3歳が、現地の幼稚園に通いながら、いかに日本語を学んでいくのかをつづります。フランス語が大嫌いな日本人ママの奮闘もあり!

わたし、もう最後って言ってないよ!

今朝の課題は、

促音1
(ぷりんときっずより)

カタカナの読み(1枚)

動作のことば

はんたいごカード

擬声語

くらべるもんだい かたち2

「お」と「か」を書く

今日は7時半すぎにひとりで起きました。水曜日はいつもよりも少しだけ遅いので、しばらく寝かしていました。起こされたのではなく、ひとりで起きたので、少し機嫌がよかったです。

今朝のプリントでは、カタカナの読みがいまいちでした。やっぱりあまり目にしないカタカナはつい忘れてしまいますね。実は昨日、新しいプリントを作ったのですが、これは先に延ばし、カタカナのプリントを新しく作ろうと思います。時間があるときに、パッと作ります。字を書く練習では、「か」をなぞり書きする前に、ひとりで欄外に書きました。何となく読める字でした。これまではひとりで書いてもまったく読めないことが多かったのですが、少しずつ読めるようになってきました。

支度をしている間、「今日は幼稚園でお昼寝するの?」「ごはんは食べないの?」など、いろいろ聞いてきました。「今日はおうちでお昼ご飯を食べて、それからママとどら焼きを作ろうね」と何度も言っていたんだけど、気になるのか理解していないのか…。幼稚園に着いてからも、先生に今日は何をするのかを聞きに行きました。でも、先生を前に、萎縮してしまったのか、言葉が出ず、ママが少し手伝いながら、先生に聞きました。何が気になったのかしらね、クリスティン先生は好きみたいなんだけど、「幼稚園に行きたくない」と言ったりするので、少し気になっています。

パパがお迎えに行きました。家に着くと、「ママー! どうして来なかったの?」と、抱きついて来ました。ミミズが食べたいと言っていたお好み焼きを準備していました。おばあちゃまとスカイプをつなげると、いろんなおしゃべりをしました。幼稚園で習った歌もおばあちゃまに披露。「あーちゃんにフランス語を教えてね」と、嬉しそうでした。

 

f:id:mimizu55:20170126063338j:plain

f:id:mimizu55:20170126063342j:plain

f:id:mimizu55:20170126063348j:plain

f:id:mimizu55:20170126063352j:plain

f:id:mimizu55:20170126063355j:plain

パパがお仕事に行き、おばあちゃまとのスカイプが終わると、ミミズはテレビを見たりおもちゃで遊んだり。しばらくすると、どら焼きを作りました。ミミズもいっしょにお手伝い。材料を混ぜ合わせ、冷蔵庫でしばらく冷やしました。その間、ママとお散歩。ここ数日前から、近くの大通りが工事中で、工事車両が行き交います。車が来ると、サーッと左に寄ります。「もうお姉ちゃんだから!」何でも上手です。キックバイクもビュンビュン飛ばします。すばらしい!

家に戻り、どら焼きの生地を焼き、アンコを間にはさみました。「おいし〜い!」と大喜び。で、いい気になって3つぐらい食べてしまいました。おかげで夜ご飯がほとんど入らず…。

夜ご飯を用意しましたが、食べながらウトウトしてきたので、ほとんど食べずにお風呂へ。そうしたら睡魔が消えて、ママとまたお風呂で遊びました。キティちゃんごっこ、プールで泳ぐマネ、フランス語の歌、日本語の歌などなど。何度も同じことを繰り返すので、「もうおしまいよ!」と言うと、「わたし、もう最後って言ってないよ!」と言って、最後にもう一度やらせます。ミミズは、どんなことも繰り返したがるので、「もうこれで最後よ!」と、最後の一回であることを言わないといけないわけです。なんて几帳面な娘でしょう!

お布団に入ると、今日もバーバパパの本をなんちゃってフランス語で読んでくれました。でも、このなんちゃってフランス語、よく聞いていると、いちおうバーバパパたちの名前を言ったり、絵に沿ったことを言っているのです。今日は"Je pense que... (わたしが思うに…)"を連発しました。"... à la maison(家で…)"とか"... à la voiture(車で…)"などと聞こえてきます。すごいなぁ、ホント。

ハッと気づくと、またもやミミズと眠っていました。でも、今日は寝入ってしまう前に起きました。よかった…。少しの時間を有効に過ごします。