読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランスの幼稚園に通いながら日本語教育

フランス在住のミミズ3歳が、現地の幼稚園に通いながら、いかに日本語を学んでいくのかをつづります。フランス語が大嫌いな日本人ママの奮闘もあり!

体操の選手みたい!

今朝の課題は、

長音7
(ぷりんときっずより)

ももたろう

はんたいごカード

擬声語

時計の読み方3と6
(ぷりんときっずより)

「き」と「く」の練習

アンパンマンワーク

今日は6時半ごろ、おしっこに起こされました。トイレを済ませると、またお布団に戻りましたが、結局、目覚まし時計が鳴るまでフトンの中でぼんやりとしていました。時計が鳴ると、早く起きようよと急かされ、着替えをはじめました。

今朝も楽しくお勉強です。そういえば、反対語カードはもうスラスラと出てきます。「あさい」と書いてあるカードを読み、反対は?と聞くと、「ふかい!」と答えが返ってくるという感じです。毎日5組ずつやっています。

ももたろうのお話もスラスラ読みました。ずいぶんと読むのも上手になりました。ももたろうが終わったら、ミミズが赤ちゃんのころに開き読みしていた本を読んでみようと思います。

アンパンマンワークがそろそろ終わります。今日は「わ」「れ」「ね」のページで、それぞれがちょっとずつ違うところをしっかりと勉強しました。字をなぞらなくても、まあまあ上手に書けるようになりました。

幼稚園に着くと、お友だちから「ミミズ!おはよう!」と、声をかけられました。ミミズはたまに「お友だちはみんなわたしのことが嫌いなの」と言いますが、これは嘘ですね。

名札をパッと探し当て、いつものように本を読みました。これまで並んでいた本がガラッと替わっていました。残念。ミミズがお気に入りだったチュが好きなおじさんの本のタイトルを書き留めたかったのに…。本を読んでいたら、先生が寄って来て「ミミズは本当にすごくフランス語が上達したわね」と言ってくれました。昨日、いただいた成績表にもそう書いてありました。成績表はここにも載せるつもりです。幼稚園で成績表とはちょっと驚きですから…。

ところで、先生がミミズの横に座っておしゃべりをしている間、ミミズはママの腕をギュッと握りしめ、顔を埋めていました。先生がよっぽど嫌いなのか、ほめられているのが恥ずかしいのか、何だったのかはよくわかりません。でもまぁ、当初、あれだけ先生にフランス語のことを注意されていたので、これはミミズのすばらしい前進だと思っています。パピーたちにも教えてあげなきゃね。

ミミズを迎えに行くと、ノーランのマミーがいました。ノーランの小さな妹はようやく人前でも歩くようになりました。彼女の名前はたぶんAmbre(オンブレ)です。「たぶん」と言うのはスペルがどうなのか正確にはわからないからです。とてもかわいくて、アタシがバーバパパのキーホルダーを見せると「パパ」と言うようになりました。

 

f:id:mimizu55:20170315142730j:plain

f:id:mimizu55:20170315142738j:plain

f:id:mimizu55:20170315142745j:plain

f:id:mimizu55:20170315142746j:plain

f:id:mimizu55:20170315142752j:plain

ミミズが出てくると、いつものようにノーランと手をつないでパーキングまで行き、今日は森へ行くことに。スポーツ選手のような格好をしていたので、森ではひときわ目立っていました。アスレチックの遊具もひょいひょいとこなしてすばらしい。そういえば、ミミズは体育の成績は完璧でしたね。

家に戻ると、パパのところへ行き、いつものようにスマホを借りてビデオ鑑賞。今日はLapin Crétinに夢中でした。これは、フランスで制作されたアニメのキャラクターで、「バウァー」としか言わないんだけど、おもしろいことをやって楽しませてくれます。このうさぎのキャラクターは、Futuro Scopeという科学テーマパークに行ったとき、アトラクションのひとつにあったので知りました。

ミミズは食事中もずっとビデオを見続け、最後にはパパに怒られました。たしかに見過ぎ。でも、「ママ嫌い!」とアタシに八つ当たり。半泣きしながら食事を終えてお風呂へ。

今日のお風呂では、ミミズが実に気持ちいいマッサージをしてくれました。石けん風呂をやると、たいていミミズはマッサージしてくれます。アタシもマッサージをしてあげました。気づくと1時間ほどお風呂に遣っていました。

お風呂から出て、お布団で『お化けの真夏日』を読み、明かりをつけました。ミミズはパパが来るのを待ってバーバパパの本を読んでもらいました。ミミズの成績表に色の言い方の発音を間違えているという指摘があったので、パパは正しい発音を教えていました。アタシは横になりながら、ふたりのやりとりを聞いていましたが、不覚にもそのまま眠ってしまいました…。